開催レポート:串田和美独り芝居「或いは、テネシーワルツ」& TCアルプ新作公演「バッタの夕食会」/2022.11.5

Report : Kazuyoshi Kushida’s solo play “Or, Tennessee Waltz” & TC Alp’s new performance “Grasshopper’s Dinner Party” / 2022.11.5

写真:ベンチの前に佇む串田さんにスポットライトが当たっている

俳優・演出家の串田和美さんによる独り芝居第2弾「或いは、テネシーワルツ」と、串田さんが主宰する演劇集団TCアルプの新作「バッタの夕食会」を上演しました。

Actor/director Kazuyoshi Kushida presented his second solo play “Or, Tennessee Waltz”, and “Grasshopper’s Dinner Party”, a new play by the theater group TC Alp, which Kushida leads.

写真:1列に並んだ演者がさまざまな楽器を演奏している

昨年同じく蛸蔵で上演された串田さんの独り芝居を鑑賞し、今回も楽しみにされていた方にも多くお越しいただき、「或いは、テネシーワルツ」で、一人何役も演じ分ける演出・表現力に多くの方が魅了されていました。

「バッタの夕食会」は、演者全員による生演奏や、歌、お芝居、笑いたっぷりのコントなどが舞台上で次々に繰り広げられるボードビルショー。中々観ることのできない世界観に、会場内は温かい雰囲気に包まれ、大人も子供も一緒にお楽しみいただきました。

Many of the audience had seen Kushida’s solo play at Takogura last year and were looking forward to seeing it again this year. Many were fascinated by his direction and expressiveness in playing multiple roles in “Or, the Tennessee Waltz”.

The “Grasshopper’s Dinner Party” was a vaudeville show, with live music by all the performers, songs, plays, and comedy acts full of laughter, shown one after another on stage. The audience was filled with a warm atmosphere, and both children and adults enjoyed the rarely seen worldview together.

大変残念ながら、11月6日の公演は、出演者やスタッフの体調不良により中止となりました。

We are very sorry to inform you that the performance on 6th November has been canceled due to illness of some performers and staff.

写真:串田さんが舞台中央のベンチに腰掛けて、マイクを持って話している。
「或いは、テネシーワルツ」後のアフタートーク。TCアルプの下地さん、武居さんと。

開催実績

日時Date and Time

「或いは、テネシーワルツ」2022年11月5日(土)開演 14:00

「バッタの夕食会」2022年11月5日(土)開演 19:00

“Or, Tennessee Waltz” Sat, 5th November 2022  Start: 2pm

“Grasshopper’s Dinner Party” Sat, 5th November 2022  Start: 7pm

会場Venue

蛸蔵(高知市南金田28)

Takogura (Kochi city)

参加人数Number of Audience

「或いは、テネシーワルツ」73名

「バッタの夕食会」51名

“Or, Tennessee Waltz”  73 people

“Grasshopper’s Dinner Party”  51 people

メディア掲載

高知新聞2022年10月29日朝刊の芸能面。串田和美一人芝居、来月高知公演の記事。主宰劇団も新作、高知市出身の細川貴司さん出演。

高知新聞10月29日朝刊 掲載[PDF]

Voice of audience

観客の声

「或いは、テネシーワルツ」
“Or, Tennessee Waltz”

写真:1人芝居の様子。串田さんがベンチの前に立って右手の人差し指を立てている。傍らには古びたトランク。

どこへ導かれるのか、怒涛の串田ワールドに惹き込まれた。ユーモアを交えた構成、緩急入り混じった声と表情、滋味あふれる舞台でした。

I was drawn into the raging world of Kushida, wondering where he would lead me. The humorous structure of the performance, the mix of slow and fast voices and expressions, and the stage was full of delicate nuances.

言葉だけで状況がくっきりと浮かび上がる串田さんの表現力に圧倒されました。

I was overwhelmed by Kushida’s ability to express the situation clearly with just a few words.

幻の中で様々な物語が伏線となって繋がっていく。大変面白かったです。蛸蔵を気に入っていただき嬉しいです。また高知にいらしてください。

Various stories connected in the illusion. It was very interesting. I am glad he liked Takogura. Please come to Kochi again.

初めて独り芝居を観させていただきました。心地よく味わい深かったです。人の話を聞くのはいいなと思い、同じお芝居を何度も味わってみたくなりました。その時々で味わいがあるのだろうなと感じました。ありがとうございました。

It was my first time to see a solo play. It was pleasant and tasteful. I thought it was nice to listen to others and I wanted to see the same play many times. I felt differently at different times. Thank you very much.

「バッタの夕食会」
“Grasshopper’s Dinner Party”

写真:舞台の一幕。中央のテーブルに大きな金色の魚が置いてあり、白いオーバーオールを着た男性がそれを見つめている。後ろの幕の間から4人がその様子を覗き見ている。

観客の子供たちが楽しそうに観ていたのが印象的でした。

It was impressive that the children in the audience seemed to enjoy watching the show.

演者の皆さんのお芝居が素晴らしく、一人で何役ものキャラクターを演じており、見入ってしまいました。歌も楽器もとても上手で驚きました。自分が沢山の世界の中に入り込んだ気がします。

The performers were wonderful and played several characters. I was amazed at how well they sang and played their instruments. I felt like I was inside many worlds.

急な出演者交代の中、最高のお芝居を観せてくださりありがとうございました。一流の劇団だからこそ、再構築し、舞台を最善で創り上げることができるのだと思います。今後も応援しています。

Thank you for giving us the best play despite the sudden change of performers. It is only a first-class theater company that can reconstruct and create the stage at its best. I will continue to support them.


Kazuyoshi Kushida’s Solo play “Or, The Tennessee Waltz”

串田和美独り芝居
「或いは、テネシーワルツ」

作・演出・出演・美術:串田和美
Written, Directed, Performed, Art Director: Kazuyoshi Kushida
モノクロ写真:串田さんが観客に囲まれて1人で芝居をしている

再び高知・蛸蔵にトランクひとつ引っさげてやってくる、
串田和美 独り芝居 第2弾!

カントリーウエスタンの曲に乗せて
講談のようにひとり何役も演じながら語る、
『或いは、テネシーワルツ』 

彼は佇む。誰もいない一本道。
彼は待っている。いつ来るのかわからない、長距離バスを。
彼は喋り出す。取り止めのないデタラメ話を。
彼は自分でもわからない。本当の自分の正体を。
何処からか聞こえてくるカントリーウェスタンの調べ。
或いは懐かしい、あのテネシーワルツ!

Once again, he returns to Takogura, Kochi, with only one trunk.
Kazuyoshi Kushida’s second solo play!

To the tune of a country-western song, he plays several roles.
He plays several roles as if he were telling a story.
“Or, The Tennessee Waltz”

He stands still. An empty street.
He waits. He doesn’t know when the long-distance bus will come.
He starts talking. The incessant nonsense.
He doesn’t know himself. Who he really is.
Somewhere, he hears the sound of country-western music.
Or that old Tennessee waltz!

TC Alp’s new performance “Grasshopper’s Dinner Party”

TCアルプ新作公演「バッタの夕食会」

構成・演出・美術:串田和美
出演:TCアルプ
串田和美 近藤隼 武居卓 下地尚子 草光純太
堀田康平 串田十二夜 加賀凪 田村真央
細川貴司 深沢豊 荒井正樹
Composition, Direction, Art Director: Kazuyoshi Kushida
Cast: TC Alp
Kazuyoshi Kushida, Jun Kondo, Taku Takei, Naoko Shimoji, Junta Kusamitsu,
Kohei Hotta, Juniya Kushida, Nagi Kaga, Mao Tamura,
Takashi Hosokawa, Yutaka Fukazawa,  Masaki Arai
写真:出演者13名が舞台上でさまざまな楽器を抱えてポーズをとっている。

音楽あり、歌あり、芝居ありの
自由気ままなオムニバス・ボードビルショー!

彼らは役者。誰かや、誰かたちが見つめる仮設の舞台。
彼らは紡ぎ出す。舞台の上のイリュージョン。
彼らは演じ出す。湧き出る物語のオムニバス。
彼らは探しているのだ。みんなと共有できる演劇の正体を。
そして聞こえてくる海底阿呆たちの愉快な足音。
或いは待ち遠しい、仰天ボードビルの笑い声。

There is music, song, and play.
A freewheeling omnibus vaudeville show!

They are actors. On a temporary stage where someone or some people are staring at them.
They spin out. Illusions on the stage.
They perform. An omnibus of stories that spring forth.
They are searching for. The true nature of theater that they can share with everyone.
And the sound of the amusing footsteps of the undersea idiots that can be heard.
Or the long-awaited laughter of vaudeville.

Artist Profile

串田 和美(くしだ かずよし)
Kazuyoshi Kushida

モノクロ写真:串田 和美さん

1966年、劇団・自由劇場(後にオンシアター自由劇場と改名)を結成。1985–96年までBunkamura シアターコクーン初代芸術監督を務め、コクーン歌舞伎やレパートリーシステムの導入で劇場運営の礎を築く。代表作に「上海バンスキング」「もっと泣いてよフラッパー」「夏祭浪花鑑」など。平成中村座での「法界坊 串田戯場(くしだわーるど)」などの演出も多数。2000–11年まで日本大学芸術学部演劇学科特任教授を務める。2003年4月、まつもと市民芸術館芸術監督に就任。信州まつもと大歌舞伎や、サーカスと音楽と演劇を散りばめた「空中キャバレー」など市民を巻き込んだ一大イベントを次々と発案し“街に溶け込む演劇”を根付かせてきた。コロナ禍の2020年に独り芝居「月夜のファウスト」を、2021年に街のあちこちを劇場にしたFESTA松本を立ち上げる。
2006年「桜姫」「コーカサスの白墨の輪」で芸術選奨文部科学大臣賞、2007年「東海道四谷怪談 北番」で第14回読売演劇大賞最優秀演出賞受賞。2008年紫綬褒章、2013年旭日小綬章を受章。15年シビウ国際演劇祭でシビウ・ウォーク・オブ・フェイムを受賞。
著書に「幕があがる」、「串田戯場–歌舞伎を演出する–」。
土佐三伯(他に板垣退助、後藤象二郎)の一人であり龍馬とも親交があった佐々木高行は、串田の母方の高祖父にあたるため、高知と縁がある。

In 1966, he formed the theater company Jiyu Gekijo (later renamed On Theater Jiyu Gekijo), and served as the first artistic director of the Bunkamura Theater Cocoon from 1985-96, laying the foundation for theater management by introducing the Cocoon Kabuki and repertory system. His representative works include “Shanghai Bangsking”, “Cry Some More For Me, Flapper” and “Natsu Matsuri Naniwa Kagami”. He has also directed many productions, including “Hokaibo Kushida Gijo (Kushida World)” at the Heisei Nakamura-za Theater, and served as a specially-appointed professor of theater at Nihon University College of Art from 2000-11. He has conceived of a series of major events involving the public, such as the Shinshu Matsumoto Grand Kabuki Theater and the “Aerial Cabaret”, which combines circus, music, and theater, and has helped to establish “theater that fits in with the city. In 2020, after the Corona disaster, he presented “Faust in the Moonlit Night” as a solo play, and in 2021 he launched FESTA Matsumoto, which turned various parts of the spaces into a theater.

He received the Minister of Education Award for Fine Arts for “Sakurahime” and “The Caucasian Chalk Circle” in 2006, and the Best Direction Award at the 14th Yomiuri Theater Awards for “Tokaido Yotsuya Kaidan” in 2007, and the Medal with Purple Ribbon in 2008 and The Order of the Rising Sun, Gold Rays with Rosette in 2013 and the Sibiu Walk of Fame at the Sibiu International Theater Festival in 2015.

He is the author of “Maku ga agaru – The Curtain Comes Up” and “Kushida Gijo: Directing Kabuki”

Takayuki Sasaki, one of the Tosa triumvirate (the others are Taisuke Itagaki and Shojiro Goto) and a friend of Ryoma Sakamoto, is Kushida’s maternal great-grandfather.

TCアルプ TC Alp

串田和美主宰。2003年、串田がまつもと市民芸術館の芸術監督(現芸術総監督)に就任し、「松本から演劇を創造し発信しよう」と呼びかけ、若手俳優たちが移住し2007年に結成。日本大学芸術学部演劇学科の教授を務めていた串田の教え子が中心で、そこに地元の演劇活動者が混ざった。
以後は松本を拠点とし街場に積極的に関わりながら、国内外での串田演出作品に参加。2017年、長野県芸術監督団・芸術監督に串田が就任してからは長野県全域でも活動。
加藤直、白井晃、森新太郎、小川絵梨子、木内宏昌、杉原邦生、木村龍之介などの外部演出家による作品も共に創造、発表。2022年には東京の若手俳優と演劇工場(まつもと市民芸術館の演劇学校)卒業生も加わり、全国でも稀有な地方都市のプロ集団として今後の新しい展開が期待される。

Led by Kazuyoshi Kushida, TC Alp was formed in 2007 by a group of young actors who moved to Matsumoto after Kushida was appointed artistic director (now general artistic director) of the Matsumoto Performing Arts Center in 2003 and called for “the creation and transmission of theater from Matsumoto”. The main members were students of Kushida, who was a professor of theater at Nihon University College of Art, mixed with local theater artists.

Since then, the group has been based in Matsumoto, actively involved in the city, and has participated in productions directed by Kushida in Japan and abroad. Since 2017, Kushida appointed artistic director and artistic director of Nagano Prefecture, the group has been active throughout Nagano Prefecture as well.

In 2022, young actors from Tokyo and graduates of the Theater Factory (a theater school at the Matsumoto Performing Arts Center) will join the group, which is expected to develop into a new professional group in a local city, a rarity in Japan.

串田和美
Kazuyoshi Kushida
近藤隼
Jun Kondo
武居卓
Taku Takei
細川貴司
Takashi Hosokawa
下地尚子
Naoko Shimoji
深沢豊
Yutaka Fukazawa
草光純太
Junta Kusamitsu
荒井正樹
Masaki Arai
加賀凪
Nagi Kaga
串田十二夜
Juniya Kushida
田村真央
Mao Tamura
堀田康平
Kohei Hotta

Marché

Equivalent(ハーブ・ドリンクバー、焼き菓子)、ワルンカフェ(アジアン弁当)

Equivalent (herb and drink bar, baked goods), Warung Cafe (Asian bento boxes)

日時 2022年11月5日(土)13:00−/18:00−

Dates and times: 5 November,2022 13:00-/18:00-

※昼の回は終演後も開店、夜の回は開演までの時間でお楽しみください
※劇場内での飲食はご遠慮いただき、飲食ブースをご利用ください
※雨天時は内容・開店時間が変更となることがありますのでご了承ください

Credits

舞台監督/大平久美(K Productions)
衣裳進行/中野かおる
舞台スタッフ/領木隆行
照明・音響/吉田剛治

プロデューサー/山浦日紗子 
制作/中平善文
制作補助/浜田あゆみ、辰己ゆり 
チラシデザイン/立木幹生
記録写真/釣井泰輔

Photo by Akio Kushida
イラスト・ロゴデザイン/串田和美

主催:La forêt(ラ・フォレ)
協賛:株式会社いずみ、Just Time
協力:Equivalent、Washi+、Spoon、ギャラリー エム・ツウ
後援:高知県教育委員会

文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業

令和4年度 第72回高知県芸術祭協賛行事

Stage Manager/ Kumi Ohira (K Productions)
Costume Designer/ Kaoru Nakano
Stage Staff / Takayuki Ryoki
Lighting&Sound/ Goji Yoshida

Producer/ Hisako Yamaura 
Production staff/ Yoshifumi Nakahira
Production Assistant/ Ayumi Hamada, Yuri Tatsumi 
Flyer Design/ Mikio Tachiki
Archive Photo/ Taisuke Tsurui

Photo by Akio Kushida
Illustration and logo design by Kazuyoshi Kushida

Produced by La forêt
Supported by Izumi Corporation, JustTime
Cooperation: Equivalent, Washi+, Spoon, Gallery M2
Supported by: Kochi Prefecture Board of Education

Subsidized by Agency for Cultural Affairs “ARTS for the future! 2”

Event for the 72nd Kochi Prefectural Art Festival in 2022